1. HOME
  2. ブログ
  3. 第2回の旗降りの様子

第2回の旗降りの様子

「ミハラゴーマルシェ」の開催期間中、ラフラフ(三原市児童館))と市民団体はっちはっちと連携して、瀬戸内海エリアの観光型高速クルーザー「SEA SPICA/シースピカ」が入出港する際の「おもてなし旗振り企画」を実施しました。

今日は、第2回の旗降りの様子と参加したみなさまの声をお届けします!


西山侑里(5歳)さんのコメント

作った旗を持って船にバイバイしました。
船の人も手を振っていました。
みんなで行って楽しかったです。

舩本ゆふ(6歳)さんのコメント

旗にドラえもんの絵を描きました。
旗をいっぱい振りました。
お兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒に行ったのが嬉しかったです。

高山海空(中3)さんのコメント

フラッグ製作と旗振りツアー、とても楽しかったです。
沢山の子ども達との交流を通して、自分の成長と子どものユニークさを改めて実感することができました。
子ども達から寄り添ってくれてとても楽しかったです。

重信萌音(中3)さんのコメント

普段の生活ではなかなか関わることのない幼い子ども達や小学生と旗を作りながら仲良くなることが出来て、すごく楽しかったです。
また、旗振りの時には、名前を覚えて呼んでくれる子もいて嬉しかったです。

シースピカをみんなでおもてなしをしただけでなく、とても充実した時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。


●報告レポ作成
ラフラフティーンズ運営委員会


手づくりの旗を皆で降ってお出迎えとお見送りをしてくれました。SEA SPICAに乗船されている方もそれに応えて見えなくなるまで手を振って心通わせている様子は感動的でした。

企画から準備、実行まで、ラフラフさんとはっちはっちさんには本当にお世話になりありがとうございました!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事